京都 パチンコ 店k8 カジノMicrosoft、攻撃多発のIEの脆弱性を修正へ 3月の月例パッチを予告仮想通貨カジノパチンコもっと 野球 好き

京都 パチンコ 店k8 カジノMicrosoft、攻撃多発のIEの脆弱性を修正へ 3月の月例パッチを予告仮想通貨カジノパチンコもっと 野球 好き

京都 パチンコ 店k8 カジノMicrosoft、攻撃多発のIEの脆弱性を修正へ 3月の月例パッチを予告仮想通貨カジノパチンコもっと 野球 好き

bitflyer 口座 数k8 カジノ

スロット ルパン 三世 ロイヤル ロード 天井 米Microsoftは、3月の月例セキュリティ情報5件を米国時間の3月11日(日本時間12日)に公開すると予告した。日本でゼロデイ攻撃が多発しているInternet Explorer(IE)の脆弱性も修正を予定している。

 6日に公開された事前通知によると、セキュリティ情報5件のうち、4段階の深刻度で最も高い「緊急」が2件ある。このうちIE/Windowsを対象とする「MS14-012」には、ゼロデイ攻撃に使われていたIE 10と9の脆弱性を修正する更新プログラムが含まれる。

 この脆弱性は2月に発覚し、Webサイトに不正なコードを仕掛けてマルウェアに感染させる攻撃が発生。米Symantecは、特に日本で攻撃が多発し、通販サイトや旅行サイトなど様々なWebサイトで不正なコードが見つかったと伝えていた。

 今回MicrosoftがリリースするIEの更新プログラムでは、これ以外にも複数の脆弱性が修正される模様。特にクライアント版はWindows 8.1とIE 11の組み合わせを含む全バージョンが深刻な影響を受ける。

 もう1件の緊急レベルのセキュリティ情報は、Windowsのリモートコード実行の脆弱性を修正する予定。こちらはWindows RT/RT 8.1を除くWindowsの全バージョンが深刻な影響を受ける。

 残る3件の深刻度は上から2番目の「重要」レベル。Windowsの権限昇格の脆弱性とセキュリティ機能迂回の脆弱性、およびSilverlight 5のセキュリティ機能迂回の脆弱性(Mac版も含む)に対処を予定している。

2月25日時点におけるIE脆弱性攻撃の発生状況(Symantecより)関連キーワードInternet Explorer | 脆弱性 | Microsoft | Windows | ゼロデイ攻撃 | 月例パッチ仮想通貨カジノパチンコサッカー ボール ブラジル ワールド カップ

コメントを残す